MENU

民事再生の手続きが向いているケース

民事再生の手続きが向いているケース

現在、給料などの安定した収入がある方

(給与などの安定した収入がないと裁判所の認可を受けられない可能性があります。)

民事再生の手続きが向いているケースある程度まとまった額の借金がある方

(民事再生は、借金の総額を5分の1か100万円の多い方の額まで減額する手続きなので、借金の総額が100万円以下では減額になりませんし、借金の総額が200万円以上ある場合に初めて減額の幅が100万円を超えることになります。民事再生は手続きにかかる費用と裁判所に収める費用が他の手続きよりも高額なので、借金の総額が200万円以上の方でないと民事再生のメリットがありません。)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる