MENU

民事再生での解決例

民事再生の解決例1
小林信之介事務所

●住宅ローンをかかえるKさん、マイホームを手放さずに借金を整理(Kさん 会社員/35歳・男性)

不景気の影響で給料が下がり、住宅ローンの支払いを済ませると家計はとても厳しい状況になってしまいました。生活費が足りない分は消費者金融からの借り入れでなんとかしてきましたが、少しずつ増えてきた借金もかなりの額になってしまい、これ以上の借り入れは難しい状況になってきました。
少しでも給料がいい会社への転職を考え、会社にいながら就職活動を続けてきて、やっと新しい会社への転職が決まりました。
給料がよくなったことで、家計は改善されると思っていたのですが、とにかく住宅ローン以外の借金を増やしてしまい、もう自分の力での解決は難しいと考え、口コミなどで民事再生の手続きに長けていると評判の小林信之介事務所に相談をしました。
現在の状況をお話ししたところ、小林信之介先生は現在の収入はとても安定しているので、民事再生の手続きで住宅ローン以外の借金を5分の1まで減額することができますとの回答をいただき、すぐに民事再生の手続きをお願いしました。

消費者金融借金額J社約160万円C社約140万円M社約60万円A社約80万円L社約60万円合計約500万円毎月の返済額約16万円住宅ローン約2,500万円毎月の返済額 約8万円    消費者金融借金額J社約32万円C社約28万円M社約12万円A社約16万円L社約12万円合計約100万円毎月の返済額約3万円住宅ローン約2,500万円毎月の返済額 そのまま約8万円

★Kさんの手続き後の感想
民事再生 Kさん手続き後の感想

民事再生の解決例2
小林信之介事務所

 ●職場の友人に誘われてエステにはまってしまったAさん(Aさん 会社員/25歳・女性)

職場の友達に誘われ、お試しのつもりで行ったエステにはまってしまいました。
そして、気が付くと、わずか1年で借金の総額は約300万円にまで膨らんでしまいました。
このままではいけないと思い、すぐに相談をして事情をお話しすると、小林信之介先生は借り入れの理由に娯楽の要素が強いので自己破産にはリスクがあり、とにかく収入が安定しているので借金の総額を100万円まで減額することができる民事再生が最適な解決方法だとお話をされました。借金の総額を100万円まで減らすことができると、月々の返済は3万円程度まで抑えられると聞き、そのぐらいであれば返済ができるとも思い、実際に民事再生での解決をお願いしました。

消費者金融借金額J社約300万円毎月の返済額約10万円 消費者金融借金額J社約100万円毎月の返済額約3万円

★Aさんの手続き後の感想
民事再生 Aさん手続き後の感想

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる